調剤業務

処方箋に基づき、内服薬や外用薬、
注射薬の調剤を行っています。

当院では外来患者さんは原則院外処方を行っており、主に入院患者さんや訪問看護など一部の外来患者さんの薬を調剤しています。

患者さんそれぞれの背景や状態にあわせて、お薬を飲みやすく、管理しやすい形でお渡しできるよう、専門的な視点から工夫を行っています。また、投与量、服用方法、飲み合わせなどのチェックを薬剤師とコンピュータの両方で行っており、より安全なお薬をお渡しできるように努めています。なお、当院では内服薬は原則として1回に服用する薬をまとめて(一包化)お渡ししています。

注射薬を払いだす際には、配合変化や内服薬との相互作用のチェックを行い、特にハイリスク薬については投与ルートや投与速度の確認を行っています。

岡山県精神科医療センター_処方箋枚数

調剤業務